同等学力日语

考试试题

[单选题]灯台守 道は起伏に満ち、上っては下り、下ってはまた山の背へと導かれる。左は宇和海が太平洋に続き、右は瀬戸内海である。 51?佐田岬半島は、まさに巨大な、天然の堤防である 。わたしは、今、陸の孤島を歩いている。この実感は、一昨日の夜、特急「あさかぜ」で東京をたって、まだ、まる二日にもなっていないという場面の急転によってもたらされたものであろう。 わたしは、今、初夏の陸の孤島を歩いている。半島十三里の中の、おそらくはたったひとりの旅人として。 わたしは、やがてたどり着く、この半島の突端に建つ灯台に住む 52?灯台守の姿を思い浮かべてみた。そこには、何人の家族が住んでいるであろうか。職員はどんな表情で私を迎えるであろうか。 今までに、?いくつかの灯台を私は訪れたことがある。T?県の?N?灯台を訪れたときは、作家の田宮虎彦氏といっしょであった。53?あのときの職員は、旅行者などに[?注?1]?食傷しているといったふうな顔つきで、将棋のこまを持つ手を休めず、「今は休憩時間だ」と[?注?2]?すげなく言った。 しかし、?54?やがていくつかの起伏を上下して、たどり着いた灯台でわたしが見た職員の姿は、あの?55?N?灯台の人の印象とはちがっていた。彼は、わたしがまだ灯台の階段を上がらぬうちから、わたしの姿をはるかに見おろして、人なつかしそうな表情を浮かべた。三十五、六人であった。その顔には、いくらかの空虚感と、職業に対する異常な愛情とがあふれていた。[?注?1]食傷:? 厌烦[?注?2]すげない:冷淡的 51.「佐田岬半島は、まさに巨大な、天然の堤防である」とあるが、その根拠は次のどれか。
[单选题]文章Ⅲ 学校でも会社でも、「計算は速く正確にやれ」「厳密な答えを出せ」とばかり言われる。そうして、みんな頭がくたびれて、いつしか数がキライになっていく。「51それはあまりにモッタイナイことだ」と筆者は思うのである。 数に強くなると、いろいろ面白くて、52実になることが多くなる。たとえば、いつも的確に判断できるようになるとか、物事を考えたとおりに動かせるようになる。そんなことを繰り返していると、とても自信がつく。そして、もっとある。人が誉めそやしてく れるのである。だから、イイ気になれる。 53そういう人は、脇から見ていると、妙に自信あり気で、立派な感じに見える。読者の皆さんのまわりにも、必ず一人はそういう人がいるはずである。 (54)、そういう人を見ると、どう思うか。うらやましく思えるのである。そして、たぶん自分にはそんな才能はないし、そんな風にはなれっこないと思うのだが、ほんのちょっとだけでもいいから、なれるもんならなってみたい、という気がどこかでするのである。 読者のみなさんの中には、そういう期待をもって本書を読んでくれている人がいるにちがいない。日々の訓練と楽しみ方次第では、(55)。それが本書の基本的な考え方である。みなさんにはまず自信を持ってもらいたいのである。 53.「そういう人」とあるが、どんな人か。
[单选题]最近では日本でも、医者は患者と家族に対して、詳しい病状と可能な治療法( 61 )きちんと説明した後、どの方法で治療に取り組むかを、合意の上で決定( 62 )ようになってきた。( 63 )、患者が治る見込みのない末期ガンなどの場合、患者本人にありのままの病状をに知らせるかどうか( 64 )と、これは病院の方針、担当医師の性格や考え方、家族の希望など( 65 )まちまちの対応がとられているのが実状である。最近新聞社が行った世論調査でも、この点では複雑で微妙な回答が示されており、医者が態度を決めかねるのも当然だと( 66 )。 調査( 67 )、「もし、自分が末期ガンで、残る命が限られている場合、そのことをはっきり知らせてほしいか」という問いに対して、「そう思う」と答えた人は、「そう思わない」と答えた人のほぼ2倍弱に上った。( 68 )「自分の家族がそうなった場合、( 69 ) ことを本人に知らせると思うか」という問いに対しては、前問で「そう思う」と答えた人の割合をはるかに上回る割合の人が否と答えたのである。この矛盾をどう見るか。なぜ知ることより知らせることを避けようとするのか。これは、果たして思いやりなのか責任回避なのか、愛の強さなのか弱さなのか。そして家族のこの心理と、担当医師の心理とはどのような関連があるのか。いずれに( 70 )、現在の日本では、末期ガンの告知には大きな課題が残されていることは確かなようだ。